REACH分析は効率的に行なう!対象物質を絞って分析

REACH分析は効率的に行なう!対象物質を絞って分析

レディ

REACH分析のシステムについて

REACH分析の対象物質としては現在SVHC144物質が指定されています。分析会社では、これらの前物質に関して分析を行ってもらえます。単品素材からの調査も可能ですが、セットにて調査を依頼した方がリーズナブルに調査してもらうことが可能です。後述しますが、成形品や完成品の分析依頼も可能です。

どういった効果があるのか

REACH分析をしっかりと行っていると、製品の安全性対策と環境対策を行っていることを世間にアピールすることが可能です。そのことで、企業のイメージアップにつながり、更に、信頼度もアップして製品の売り上げが向上し、利益の増大も見込むことが可能です。環境への取り組みは企業の社員全体の士気のアップにもつながります。

その他にも提供しているサービス

REACH分析をしている会社では、あらゆる試験器具がそろっているため、他の安全性や環境性能についての分析も行ってもらえます。たとえば、RoHS分析などが挙げられます。特に電化製品などを開発している会社であると、RoHS分析とREACH分析を同時におこなってもらうとスムーズに分析が行えます。

完成品や成形品も対応してくれる!

REACH分析を部品ごとにて依頼するのは大変なことです。分析会社の中には成形品や完成品も分析してくれるところもあります。これらの会社では、成形品や完成品を分解して部品単位にて分析を行い調査結果を一覧表として提出してくれます。自社での分解・梱包などの作業を考慮すると、完成品を提出して調査した方がコストが安いこともあります。

詳しく知りたいならネットを使って調べよう

REACH分析を探す時には、インターネットを利用すると効率的に調べられます。セット価格や成形品の調査価格なども記載されています。あわせて、他の検査を依頼したい時にもネット検索にて検査できる種類が分かります。

利用時のポイントまとめ

REACH分析を行う会社には、RoHSなどの他の試験も行える会社もあるので、自分が分析したい検査メニューがそろっている会社を選ぶのが良いでしょう。料金についてもセット価格があったり、成形品調査価格があったりなど様々なですので、ネットなどを利用しながら自分に合った会社を選びましょう。

広告募集中