REACH分析は業者の下調べが大切!信頼できる業者を選んで依頼

REACH分析は業者の下調べが大切!信頼できる業者を選んで依頼

メンズ

サービスを利用するにあたっての注意点

REACH分析とは、REACH規則に則って化学品の安全性や用途などの情報を登録、開示するために行われる化学品の分析を指します。REACH規則は、欧州域内で流通する化学品に対し安全性を担保し、人体的影響を最小限に抑えることを目的として採決された規則です。
たとえ日本事業者であっても欧州域内で販売する場合は、その輸入業者がREACH規則に従って使用する化学品の認可申請や登録の義務を負います。対象となる化学品は、REACH規則の付属書に記載されています。
REACH分析を依頼するにあたっては、製造または部品として使用する化学品が規則の対象であるかどうかを判断することが重要です。わからない場合は専門業者に相談するのもいいでしょう。

安心して任せられる業者か下調べを

REACH分析を行う業者は、公的機関も含めて数多く存在します。どの業者に任せたらよいか悩んでしまうこともあると思いますが、化学分析サービス受ける場合、最も重要なのはデータの信頼性です。
信頼性のあるデータを得るための一つの指針として、業者の品質保証システムに着目するのもよいでしょう。国際規格であるISOを取得していること、GLP(優良試験所規範)に基づいて分析を行っていることなどは、業者を選択するうえでの判断材料になります。

利用の流れを確認

まずは業者との相談から始めましょう。

業者によっては、分析できない化学品もあるかもしれません。REACH分析であることを明確にしたうえで、分析の可否や分析方法、おおまかな費用や納期など気軽に問い合わせてみましょう。

見積書は複数の業者から

依頼を検討する業者が絞れてきたら、見積書を作成してもらいます。複数の業者の見積書を、品質面、費用面、納期面など色々な角度から検討し、最も納得ができる業者を発注をかけることが大切です。

分析開始、サンプルの提出は細心の注意を

業者が決まり発注をかけると、いよいよ分析作業が始まります。この時注意しておきたいのが、サンプルの提出方法です。業者からの指示がありますので、それに従います。もし異なった方法で提出すると、分析結果に影響することもあります。

分析完了、報告書が送られてきます

業者での分析が完了すると、結果を記載した報告書が送られてきます。REACH規則に準拠した内容になっているか、よく目を通しましょう。わからないところや納得できない箇所は質問をし、双方が合意したうえで報告書を受け取りたいものです。

信頼性の高い業者

大手化学メーカーでは、分析専門の部門を持っていたり、分析事業を子会社化していたりします。こうした業者は、精度の高い設備も揃えていますので、信頼性に大きな強みを持っています。

低価格高品質なサービス

低価格で高品質なサービスを受けるには、分析機器を選択することが重要になってきます。REACH規則での要求がそれほど高いものでない場合は、汎用の分析機器での十分な場合があります。分析の目的に応じて、費用面と品質面の両面からいろいろな提案を出し、親身になって相談できる業者を選びたいですね。

広告募集中