REACH分析の目的

REACH分析の目的は2007年6月1日から欧州にて行われているREACH規則に製品が適合しているかを確かめるために行うものです。欧州にて製造または、欧州に向けて輸出を行う場合にはかならずREACH分析を行い結果を欧州化学品庁に提出しなければなりません。

サービス内容を把握しておく

REACH分析を行うには、サービスの内容を把握しておく必要があります。一般的に分析会社ではREACH以外にも他の試験も行っているところが多いです。たとえば、REACH規制に関連性の高いROHS指令などの分析を行っている機関を探すと同時に調査が頼めます。

新着情報

分析結果として出てくる物質ランキングBEST5

no.1

金属製品に使用されるエトキシエチル

金属製品や家具用の塗料、インキの溶剤などに利用されている、エトキシエチルが分析結果として頻繁に出てきます。この物質は皮膚に対する腐食性や刺激性があり、眼に対する重篤な損傷が発生する可能背がある危険物質です。

no.2

ストロンチウムクロメート

ストロンチウムクロメートは、さび止めの顔料として頻繁に使用されます。この物質は発がん性があることで知られています。また、皮膚の腐食や、呼吸器のトラブルを起こす可能性もあり人体に有害とされています。

no.3

ベンゼンジカルボン酸

ベンゼンジカルボン酸は、PVC、気泡ゴム、接着剤、コーティングなどの可塑剤として使用される物質です。可燃性で爆発する危険があると同時に、人が吸入すると咳などの症状が現れ、皮膚や目に付いた場合も炎症を起こす可能性があります。

no.4

プラスチック製造時に使用する水加ヒドラジン

水加ヒドラジンは、還元性を持っている物質で、かつてから農薬や金属処理、ゴム製品などの用途に使用されています。この物質は、吸入や経皮吸収又は経口にやって曝露され、皮膚や粘膜を刺激したり腐食したりさせる危険性があります。

no.5

電子製品に使われるピロリドン

ピロリドンは、電子製品で使われることが多く、ワックスやフラックスなどに含まれている物質です。生殖毒性があるといわれていて、妊婦が吸入すると死産してしまったという例もあります。その他にも触れると皮膚疾患を起こす可能性があります。

[PR]REACH分析は専門業者に任せるべし!
消費者に安全を届けよう

欧州への輸出にはREACH分析の結果提示が求められる

顕微鏡

REACH分析サービスを利用するメリット

REACH分析サービスを受けると、174もの危険物質について全て調べてくれるため、自社で調査をする必要が無く工数の削減につながります。また、ある程度、含有している危険物資が予想できている場合は、ターゲットを絞って依頼することができ、更にリーズナブルに調査可能です。

料金はいくら掛かるのか

REACH分析の料金としては、検出する物資数によって異なってきます。1物質のみであれば約2万2千円程度です。4物質となると約3万5千円で、174物質全て調べる場合には約20万円程度かかります。なお、成形品や完成品の調査を依頼した場合は、約50万円前後と高額になりますが、分解から調査まで一環の作業を任せられます。

広告募集中